人気の漫画家になるにはどうしたらいいのか

漫画家としてデビューしよう

「あの漫画家のように、自分も売れっ子漫画家になりたい!」と考えているなら、デビューまでの道のりや漫画業界の裏情報などをチェックしておきましょう。

漫画家必須アイテムを要チェック!

  • マンガ原稿用紙(ケント紙やマンガ専用の原稿用紙)
  • ペン(Gペン、丸ペンを持っておくと便利)
  • 鉛筆(消しやすいB、2Bなどの柔らかめのものを)
  • スクリーントーン(イラストのイメージを変える素材)
  • ホワイト(髪の毛、瞳の輝きなど細かい所を表現するため)
  • カッターや定規(スクリーンを切ったり、枠線を引いたりするため)

人気の漫画家になるにはどうしたらいいのか

漫画

諦めない心が大切

売れっ子漫画家になれる確率は、応募者が1000人いるとしたら10人程度だと言われています。つまり、100人に1人です。そのため、漫画雑誌に掲載を持つのは狭き門だと言われていますが、諦めなければ高い確率でデビューすることが出来ます。漫画を作り続けることによって、2~3年の間で、安定した作品作りが出来るようになるでしょう。漫画家になるには下積み期間は非常に大切ですよ。

キャラクター

基礎的な知識や技術を身につけよう

どのやり方を選ぶとしても、漫画の知識や技術を身につけ、日々努力に励むことによって売れっ子漫画家になれる可能性はグンっと高くなります。「確率が低いから自分には無理…」と思っている人は勿体ないですよ!夢を現実にするためにも、専門学校に通って腕を磨き上げましょう。

漫画家デビューをするために選ばれている方法とは?

マンガ本
no.1

専門学校へ通う

漫画家になるための、知識・技術を基礎から徹底的に教えてくれる漫画学校へ通ってデビューする人が増えているそうです!プロの講師から指導が受けられる上に、就職サポートも充実していますよ。

no.2

新人賞などに応募する

色々な雑誌で実施されている漫画の新人コンテストに応募してみるのもアリ!このコンテストは、漫画家の原石を見つけ出すということを目的としており、下書き程度の仕上がりでも応募OKな漫画雑誌がほとんどですよ。

no.3

アシスタントになる

漫画家のアシスタントになると、プロの仕事をもっと身近で見ることが出来るそうです。漫画家の心構え、知識、技術を知れる上に編集者とも顔見知りになれるので、もしかすると声をかけてもらえるかもしれませんよ!

no.4

出版社に直接持ち込む

出版社に直接アポイントをとって自分の作品を提出し、デビューを狙う方法です。多くの漫画雑誌には持ち込み歓迎という広告が掲載されているので、1度持って行ってみる価値はありますよ!プロの編集者からアドバイスが受けられるのも魅力の1つです。

no.5

同人活動をする

自分が書いた漫画作品を、同人即売会に出して人気が出ると出版社から直接スカウトがくることも!自分の好きなジャンル、得意分野を楽しくのびのびと作れるので、クオリティを意識して作品作りが出来ます、